超簡単!花の描きかた



放射相称花の基本線は、○(まる)と中心点
ひまわりを例にとってみましょう。
大輪の花という言葉がぴったりのひまわりですが、まさしくその通りで、下書きには大きめの○を書き、その中心点を印します。これが規準となります。

では、簡単にひまわりを描いてみましょう
円と、中心点を書き、 中心点から放射線を書き、 円からはみだした放射線を規準にして花びらを書きます。
花びらをふやし、○の中をえがきこめばひまわりのできあがり。
これの応用で、
少しだ円にして、中心からいっぱい細い四角をたくさんかけば・・・
タンポポになります。
1.簡単にいつのまにかレンゲを描く
春の花レンゲは花びらが複雑そうにみえて、難しくおもわれるかもしれませんが、実は結構簡単に描くことができます。
えんぴつで、ブタの爪のようなものを書きます。 その下に、卵の形を重ねて書きます。 ブタ爪のとなりに、チョウの羽のようなものを書きます。
それに重ねてみかんのふさのような形を書きます。 左もおなじようにえがきます。
そして、みかんのふさもようのすきまに山を書きます。(これも左に書きます)
最初に書いたブタの爪の向こうに同じく爪を3つ書きます。
完成
ペン入れをして、鉛筆の線を消します。
色は、各花びらは先の方を半分くらいピンクでぬります。
お好みで葉を描いたり、田んぼのレンゲごとくたくさん描いたりしてみましょう。

2.簡単にいつのまにかヒガンバナを描く
コスモスと並んで秋の花であるヒガンバナです。とても複雑にみえますが、このとおりにかけばいつのまにかヒガンバナが描けてしまいます。
まずこのようなアスタリスク模様をかきます。あとで消すので鉛筆で書きます。 その周囲を囲むようにふくらみをつけます。
これが中央・正面の花となります。
点の位置を中心に、数字の3とも、カモメの羽ともとれる模様を書きます。
このような感じになります。 左も同じように書きます。実はこれが横向きの花になります。 さらにその外側に、さっき書いたのより小さめのカモメ模様を左右書きます。
そのもようのくぼみから、ひげをこのように書きます。 大きい方のくぼみからもひげを書きます。 中央の花の中心からも、ひげをかきます。
ヒガンバナの形になりました。
すきまが目立つならひげをもう少し書き足します。

完成
色を塗って、完成です。